FOLLOW

「what if もしもあの時…」と後悔しない人生を

こんにちは、ちびまや(@Mayayan6)です。
誰でも後悔していることってあると思いますが、私も今まで27年間生きてきて、「あの時ああしていればよかった」「もっと勇気を出せばよかった」って思っていることが山のようにあります。

「もしもあの時、もう少しだけ勇気を出していれば….」

小学校から高校まで好きだった初恋の人。

好きすぎて全然話ができなかったけど、もっと勇気を出して私から話しかけていれば…。もしかしたら今でも一緒にいられたかもしれない。

憧れていた海外の高校生活。

説明会まで行ったのに、あの時は勇気が出なかった。でもあと一歩勇気を出していたら、私の未来は全然違うものになっていたかも。

夢だった職業。

無理だって決めつけず、思い切ってそっちの大学に進学していたら。

私は今どんな生活を送っているんだろう….。

今の生活にも十分満足していますが、自分の人生を振り返ってみて、ターニングポイントといいますか、「もしあの時もうひとつの道を選んでいたらどうなっていたかな」と思うことが時々あります。

昔の私は、「こんな夢を叶えた人もいるけど、私はこれぐらい人生がお似合い」「普通の私はこんなもんだろうな」と自分で自分の頭の中でリミッターをかけているところがありました。

後悔ばかりの私の人生を変えてくれた2つのきっかけ

一つ目のきっかけは、「一人旅にでたこと」でした。

ろくに海外に行ったこともないくせに、大学を休学して一人で旅にでる決意をし、それを実行したこと。

自分の頭の中の壁を打ち破って、常識とことん変えてくれた初めての経験でした。

この時の決断と、旅での経験が、「自分の人生を作り上げていくのは自分自身しかいない」という気持ちを強くしてくれました。

もう一つのきっかけが、ある映画に出会ったことです。

映画の中で、一人のおばあさんが50年前好きだった人を探しにイタリア中を旅します。そして映画の最後に、おばあさんのこんなセリフがあるんです。

“‘What’ and ‘if’ two words as nonthreatening as words come.

But put them together side-by-side and they have the power to haunt you for the rest of your life: ‘What if?’…”

-「もし」と「あの」はそれぞれごく普通の言葉にすぎません。
でもその2つを合わせるとあなたを一生苦しめる力を持つのです。「もし あの時….」

 “I don’t know how your story ended.
But I know that if what you felt then was love – true love – then
it’s never too late. If it was true then it why wouldn’t it be true now?

You need only the courage to follow your heart…”

-物語の結末はわからない。でもかつて真実と感じた愛なら遅すぎることはありません。

かつて真実なら今も真実のはず。

少しの勇気を持って、あなたの心に従って….

▼全文はこちらのブログからお借りさせていただきました。

http://jirokayo.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-d36a.html

「もしもあの時…」と50年間も後悔をし続けたおばあさん。

そんな大昔の愛を確かめにいくために、孫にあきれられながらも勇気を出して行動した。とってもロマンチックじゃないですか?

そして、最後に自分の孫に言うんです。

「私は50年も回り道をした。あなたは今目の前にある望みを、勇気が出ないからって逃してしまうの?私のように後悔をしないで….」

この映画を見た翌日、私は旅先のホテルを飛び出していました。

▼映画はこちら


映画『ジュリエットからの手紙』 ジュリエットからの手紙

後悔しない道を選ぶために。今自分にできることを精一杯頑張る。

旅に出て、この映画と出会って、私は今自分にできることを考えるようになりました。

フリーランスという立場を選んだのも、チャンスを逃したくなかったからです。

もし会社員だったら、仕事のチャンスは多々ありますが、仕事があるから…と別のやりたいことを諦めてしまうことが多いのも現実です。

今の私は、自由な立場のため、困っている友人がいたら助けになれるし、行きたい場所にもすぐ行けるし、新しい技術も身につけられるし、仕事も自分で開拓していこうと思えばいくらでもできます。

正直にいうとまだ十分に自由な立場ではありませんが、目標としているのはそんな生き方で、それは近い将来必ず叶えられると思っています。

もう後悔したくないから。

自分の人生は自分で責任を持って決断し行動する。

それは、どんなこともほんの少しの勇気でできてしまうもの。

そして、当時は大きな勇気だと思っていたことも、後になって考えると「ほんの少しの勇気」って思えてきてしまう不思議。

そんな勇気の積み重ねが、私を大きく、人生を豊かにしてくれるんだと思います。

キーワード

Slowmag.|働きながらスローに旅する「旅暮らし生活」Slowmag.|働きながらスローに旅する「旅暮らし生活」

「Slowmag.」では、仕事をしながら暮らすようにスローペースで旅をするMayaの、旅の記録と仕事や日常の様子を発信しています。お問い合わせは下記のリンクから、もしくはSNSで受け付けております。お気軽にどうぞ。