FOLLOW

チェンマイに4ヶ月住んでわかった!住みやすくノマドしやすい街チェンマイの魅力

こんにちは、Maya(@Mayayan6)です。
現在、去年のお試しノマド期間と合わせて4ヶ月ほどタイのチェンマイに滞在中です。

チェンマイはノマド人気都市ランキングでも常に上位(▶︎Nomad List)で、外国人のノマドワーカーがたくさんいます!
だけどまだまだ日本人にはイメージがわかない人も多いと思うので、今回は住んでみて改めて感じたチェンマイの魅力を紹介します!

みんなにオススメしたい!私が大好きなチェンマイの魅力

最初はバンコクに住もうと思っていたのですが、チェンマイに来たらすっかり気に入ってしまい、本格的に引っ越してもう3ヶ月。

とにかく住みやすく人も街も穏やかでのんびりしていて、もっと長く住みたいなぁと思ってしまうほど大好きな街になりました。

とにかく人が優しい!

微笑みの国タイの中でも、特にチェンマイなど北部は優しく穏やかな人が多いように感じます。
私のように英語もタイ語も何言ってるのかよくわからない外国人にもみんな親切。
タイ第2の都市にも関わらず、素朴な人が多く、

タイ語で話しかければみんな笑顔で答えてくれるし、店員さんも優しい人が多いです。
私も毎日誰かしらと喋ってます*

比較的物価が安い!

チェンマイは、バンコクに比べてマッサージや食事が比較的安いです。(ちなみに島などのリゾートや観光地と比べたら格別に安いです!)

バンコクのようにタクシーや電車がないので、乗り合いバスなどになりますが、慣れれば30〜50B程度で市内は回れます。

街のマッサージ屋は1時間200B(安いと150B)くらいから。

食事に関しては、おしゃれなカフェもたくさんありますが、地元の人が食べるような食堂や屋台、マーケットにフードコートも豊富で、安いと一食30B程度。日本食レストランも豊富なので、食べ物に飽きることはまずありません。

程よく都会で田舎!都会育ち&田舎育ちの日本人でも大丈夫

バンコクのような高級デパートはありませんが、乗合バスでアクセスしやすい場所に日本のイオンモールのようなショッピングモールが3つほどあります。
日本食はもちろん、100均やユニクロなど日本人おなじみの店もあるので、ローカルマーケットに飽きたら、そういったショッピッグモールに行くと気分転換になります*(そしてまたローカルが恋しくなる不思議…)

気候がよく気持ちいい!

暑くなるのは昼間のいっときだけで、朝晩は25℃くらいでとても過ごしやすいです。
山の方は夏でも涼しい!冬は少し寒くなるようで、長袖が必要。(欧米人は半袖)

歩けばおしゃれなカフェがある!

チェンマイの代官山(?)と呼ばれるニマンヘミン通りや旧市街だけじゃなく、街中のあちこちに素敵なカフェがあります。
ほとんどのカフェでwifiと電源が完備されていているし、コワーキングスペースも多く、ノマドには非常にありがたい街です。

マーケットやお寺にアクティビティ!程よく観光も楽しめる!

チェンマイはタイの古都で、格式高いお寺がたくさんあります。(だいたいタダ〜40Bで入れる)

郊外に出ればエレファントキャンプやナイトサファリ、トラと写真が撮れるところもあるし(もっと色々あるけどまだ行けてない)、毎日どこかしらで巨大なマーケットをやっています。なので観光に飽きることはないでしょう。

周辺へのアクセスが便利

タイ第2の都市だけあって、チェンマイからタイ国内中にLCCが豊富に飛んでいます。

チェンマイからバンコク、サムイ島やプーケットへのアクセスも1〜2時間程度なので、月1リゾートなども可能^^!(早めに取れば3000円くらいで行けることも)

そのほか、バスも多方面に出ているため、周辺都市へのアクセスも楽々。
バンコクと違って空港やバスターミナル、鉄道が街の中心から近いのもありがたいです。

治安がいい!

私はチェンマイで危ないと感じたことは一度もありません。
混雑するマーケット内や、野犬等、最低限の注意だけしていれば大丈夫でしょう。

ただ時間帯によっては車やバイクが多いので、交通事故には気をつけてください。

まとめ

チェンマイに実際住んでみて、ここが外国とは思えないほど馴染んでしまっている自分にびっくりです。笑

コスパもよく安全という面でも、海外ノマド初挑戦しようと思っている人にぜひオススメな街です!
みなさんチェンマイに遊びに来てください〜*

キーワード

Slowmag.|働きながらスローに旅する「旅暮らし生活」Slowmag.|働きながらスローに旅する「旅暮らし生活」

「Slowmag.」では、仕事をしながら暮らすようにスローペースで旅をする、フリーランスデザイナーMayaの、旅の記録と仕事や日常の様子を発信しています。お問い合わせは下記のリンクから、もしくはSNSで受け付けております。お気軽にどうぞ。